ひのきしんスクール「精神の疾患と障害」

 11月30日(火)10時より16時まで、「精神の疾患と障害」をテーマに精神科医・吉田卓生先生、カウンセリングスペースひなた猫代表・中島薫先生、またおぢばからひのきしんスクール運営委員の林久郎先生、日本うつ病学会会員で理

にをいがけドリル進行役研修会 報告

 10月2日、午前10時から午後3時30分まで、教務支庁にて「にをいがけドリル進行役研修会」を開催させていただき、20名が受講いたしました。 午前中、受講者は以下の3コースに分かれて演習を行い、午後からは演習に参加しなか

少年会福岡教区団「わかぎの集い」報告

◆北部ブロック(10月3日開催)  少年会では、コロナ禍における行事開催を模索する中、少しでも同年代が顔見知りになれるよう、わかぎの集いを計画しました。 北部ブロック少年会では、10月3日(日)、若松区脇田海岸にて開催し

立教184年 全教一斉にをいがけデー 報告

◆福岡西支部  今年の全教一斉にをいがけデーは、各教会を中心に、各自がいまできるにをいがけ、おたすけ、ひのきしんをさせていただくことを申し合わせました。 勇み心を伝えさせていただくべく、神名流しや路傍講演をする者、教区の

第2回 R184 福岡教区 GAKUSHÚ Online The World 報告 8/15

 8月15日(日)、2回目の『福岡教区Gakushú Online The World』をZOOMにて開催致しました。5カ国の海外生と、試験期間や部活の合宿の兼ね合いで1回目に参加できなかった学生さんが、楽しく交流の機会

立教184年 雅楽講習会 開催報告

 福岡教区祭事部(森原一生部長)では、8月8日(日)、教務支庁を会場に雅楽講習会を開催。午前9時30分受付、その後、開講式を行い、3名の方に参加いただいた。 今回も素晴らしい講師陣をお迎えして、雅楽に触れ始めた受講者から

地方委員会 令和2年度決算審議

 7月4日、教務支庁において、地方委員会を開催しました。 当日は、鍋山善嗣教区長のあいさつに始まり、西田修議長(田川支部地方委員)、佐野祐治副議長(嘉飯支部地方委員)の議事進行により、令和2年度福岡教務支庁の決算審議が重

里親啓発オンライン研修会 報告

 来年秋に創立40周年を迎える天理教里親連盟は、7月4日、教区全体会議終了後、主事、支部長、副支部長を対象に、天理教里親連盟・梅原啓次委員長による里親啓発研修会をオンラインにて開催しました。 始めに教区里親会の藤井義則会

田川支部 ひのきしんの集い 報告 立教184年6月30日

 田川支部では、昨年に引き続いて「ひのきしんの集い」を開催しました。 これは昨年、それまで通例会場であった場所での「全教一斉ひのきしんデー」が自粛となった時に「何とか地域に根ざしたひのきしんを途切れることなく、参加者は限

第48回福岡教区道の教職員の集い総会 報告

「道の教職員の集い」は6月13日に教務支庁で総会を開き、9名が参加した。コロナ禍で開催が危ぶまれ、本部の運営委員の派遣もなかったが、その代わり、練り合いの時間を十分に取ることができ、充実した会となった。 午前中は総会と、

布教の家福岡寮 寮祭

 5月18日(火)、教務支庁にて寮祭が行われ、福岡県は緊急事態宣言発令の中に、手指の消毒、検温、換気、マスクの着用等、対策を施して勤めさせていただきました。 まず初めに鍋山栄一郎寮長より、昨年は休寮であった福岡寮が今年は

田川支部「全教一斉ひのきしんデー」報告

田川支部では、昨年中止となった「田川石炭記念公園」を会場に、今年こそはと田川市長もご視察激励に来られるとのことで参加を教会長、布教所長夫婦に限定して計画しておりましたが、悪天候もあり、今年も中止となりました。支部例会も昨

「コロナに負けるな!」プレゼント企画 報告

 教区少年会では、コロナ禍の中も頑張っている管内少年会員に向けてプレゼント企画を実施しました。応募ハガキに絵や文章など思い思いのものを書いて送っていただきました。0歳から中学3年生まで225通ものご応募をいただきました。

教務支庁舎 清掃ひのきしん 報告

博多・福岡中央支部  前年度までは主に中央ブロックのひのきしんという体制で庁舎内の清掃を行っていましたが、令和3年4月より教区全支部から毎月2支部ずつの当番制へと変更になりました。4月3日は博多・福岡中央の両支部と有志の