特別企画 一人ひとりのひのきしん 私にできるひのきしん④

お下がりを共に頂く「こども食堂」粕屋宗像支部・竜仲原分  福岡市の東部、都心部へのアクセスに便利なベッドタウンとして発展する粕屋郡宇美町。竜仲原分教会(岩﨑大治郎会長)は、住宅街が広がる丘陵地が面する県道沿いにある。 「

スポGOMI 糸島市深江海岸大会 参加報告

 「ゴミ拾いはスポーツだ」を合い言葉に「スポGOMI 糸島市深江海岸大会」が11月22日(日)10時より県主催で27チーム合計100名の参加のもと開催されました。祭典日が多く重なる中、福岡教区中央ブロックの教友を中心とし

オンラインで「ようぼく成人講座」開催(門司支部)

 門司支部(有馬修一支部長)は11月7日(土)、オンラインで「ようぼく成人講座」を開催。計51名が参加した。 門司支部ではもともと、6月に講座を開く予定だったが、新型コロナウイルスの影響でやむなく延期。今年の実施を見送る

基礎講座福岡会場が再開

   基礎講座福岡会場は、4月より半年の間、コロナ禍の影響を受けて中止となっておりましたが、第179回福岡会場を10月10日(土)に開催しました。当日は入り口での検温、手指の消毒、マスク着用などのご案内をさせていただき、

法人実務研修会開催報告

6月23日、教務支庁において教区教務部主催の「法人実務研修会」を開催、各支部から24名が参加した。 冨安教務部長が開講挨拶、その後、福岡県総務部行政経営企画課公益法人・宗教係の石川明美参事補佐兼係長より「宗教法人の管理運

一人ひとりのひのきしん「今、私にできること」

 4月29日の「全教一斉ひのきしんデー」は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、例年のように会場に集まらず、教会、ようぼく信者が個人や家族単位で実動しました。  5月10日号の『天理時報』では、「いま私にできるひのきしん

基礎講座「筑後地区会場」報告

 第177回基礎講座福岡会場は、2月11日(祝)に筑後地区会場を久留米アリーナの2階大研修室にて開催しました。  冬の寒さを感じさせないような好天のもと、初めて基礎講座を受講される一般の方8名を含む、26名の方が受講くだ

入試直前学習会 開催報告

 今年も1月18日から19日にかけて、中学校3年生を対象にした「高校入試直前学習会」を行った。参加者は生徒が4名、教職員が9名、婦人会のひのきしんが6名であった。学習は英語、数学、理科、それぞれ4時間ずつと、自習が2時間

第6回葬儀勉強会 開催報告

 1月29日、時折、陽光差す日和のなか、教務支庁にて第6回「葬儀勉強会」を開催した。  今回は、「告別式編」として葬儀参考資料をもとに、斎員2名と雅楽の生演奏による模擬式を実演形式で式を4分割して行った。①入場から告別詞

第6回葬儀勉強会ご案内

今回は、告別式の実演の後、出直しから十日祭までの全体進行を学びます。 一人でも多くのご参加をお待ちしております。 ■ 日 時 1月 29日(水)10時開講(9時30分受付) 14時30分閉講予定 ■ 会 場 福岡教務支庁

第8回布教勉強会 開催報告 12/15

12月15日、午前10時から午後3時半まで布教勉強会を開催しました。 午前中は講師である順天紀分教会長・梶川俊一先生から、ご自分の体験を通じて、路傍講演のやり方や注意事項、また心構えなどについてお話をいただきました。その

第2回 Joy Talk(ジョイ トーク)開催

12月1日(日)、内統領・宮森与一郎先生を講師に迎え「Joy Talk」(於:西海大教会)を参加者95名、スタッフを含めて総勢216名にて開催しました。 当日は、10時30分より開講式、ウオーミングアップ、その後班に分か