みおしえ学習会 報告(門司支部)

 門司支部は7月8日、門司分教会を会場に「みおしえ学習会(八つのほこり)」を開催し、24名が参加した。 昨年は「十全の守護」をテーマに実施しており、支部としては2回目の開催。ファシリテーター(進行役)は、望月文・門司分教

第2回和裁教室(福岡教区女子青年)報告

 7月6日、教務支庁にて和裁教室を開催しました。和裁教室では、現役和裁士として活躍する女子青年さんに、おつとめ衣やハッピのお直しなどにも役立つ縫い方やコツなどを教えていただいています。第2回となった今回は、初めての方でも

Summer Camp 報告(学修高校の部事前行事)

 7月16日から17日にかけて、学修高校の部事前行事「Summer Camp」を学生36名、OBOG6名、学担8名、少年会員4名、その他1名の合計55名で開催しました。 この行事は学生同士が仲良くなり、情報を共有すること

立教186年 少年ひのきしん隊本部練成会 報告

 7月29日から8月1日にかけての少年ひのきしん隊本部練成会2次隊に参加させていただきました。わかぎ会員65名、カウンセラー15名、サポートスタッフ12名の参加をいただきました。 連日の猛暑の中、子供たちは元気につとめて

第199回 基礎講座福岡会場 報告

 7月9日、基礎講座福岡会場は本部講師をお迎えしてつとめさせていただきました。 本部講師の山本達則先生をお迎えしての講座には、早くから予約される方も多く、久しぶりににぎやかな講座となりましたが、この日は荒天の一日となり、

布教の家福岡寮「開設40周年を祝う会」報告

 1月30日、教務支庁で布教の家福岡寮「開設40周年を祝う会」が行われ、50名が参加しました。 13時より始まり、記念講演では、満洲眞勇分教会長・村田幸喜先生の布教体験談を最後まで熱心に聞かせていただきました。続いて懐か

女子青年 おつとめまなびの集い 報告

 1月13日、教務支庁にておつとめまなびの集いを開催し、日々のお礼とともに、世界で起こっている紛争や自然災害で被害に遭われた方々のたすかりを願って、おつとめを勤めさせていただきました。 福岡教区女子青年では年祭活動の一つ

高校入試直前学習会 報告

 1 月 13 日から 14 日にかけて、1 泊 2 日の日程で教務支庁にて高校入試直前学習会を開催しました。前回までは福岡県の入試問題を学習していましたが、今回からは天理高校の入試問題を、2 日間で英語、数学、理科の ...

地方委員会 令和6年度予算審議

 12月4日(月)、令和6年度予算についての地方委員会が教務支庁にて開催された。 教区長あいさつの後、藤井義則議長(小倉支部地方委員)、森野陽二副議長(八幡西支部地方委員)の進行により審議が進められ、会議では教区が活動予

第14回布教勉強会 報告

 12月17日(日)、年末恒例行事「年末の博多の街に神名を!」のテーマのもと、第14回布教勉強会を開催させていただきました。 午前中は路傍講演の心構えや原稿の書き方などについて講師(中隈布教部長)から講義を受け、その後、

トークフェスティバル 報告

 12月16日、福岡教区青年会・女子青年合同行事「トークフェスティバル」を開催いたしました。今回は「話すこと」に焦点を当てたプログラムで、参加者37名と共に、真剣な眼差しあり、笑いありの会となりました。 第1部は、青年会

福岡教区学生会総会 報告

 12月2日(土)、福岡教区学生会総会を教務支庁で、学生14名、OB2名、学担7名で開催させていただきました。 座りづとめからよろづよ八首まで鳴物を入れて勤めさせていただきました。緊張した面持ちながらも、真剣に一所懸命に

教区ひのきしんスクール 報告

 福祉部では11月30日、福岡県障がい者リハビリセンター長の永吉美砂子先生(西北分教会教人)と、ひのきしんスクール運営委員の白熊繁一先生(中千住分教会前会長)を招いて「発達障害への理解と支援」をテーマに“おたすけのための

第3回 黒門カフェ 報告

 11月23日(祝)「第3回黒門カフェ」を教務支庁にて16名の参加のもと開催させていただきました。そのうち8名が初めての参加で、南部ブロックからの参加もありました。最初は緊張気味の雰囲気でしたが、終わるころには全員に笑顔

福岡教区学生会 まなびば 報告

 11月18日から19日にかけて「福岡教区学生会まなびば」を教務支庁で開催しました。 今回のテーマは「親神様の御守護(をやのまもり)」。ご本部より5名の進行スタッフをお招きし、全体レクリエーションや自己紹介を兼ねたワーク