ひのきしんスクール「精神の疾患と障害」

 11月30日(火)10時より16時まで、「精神の疾患と障害」をテーマに精神科医・吉田卓生先生、カウンセリングスペースひなた猫代表・中島薫先生、またおぢばからひのきしんスクール運営委員の林久郎先生、日本うつ病学会会員で理

にをいがけドリル進行役研修会 報告

 10月2日、午前10時から午後3時30分まで、教務支庁にて「にをいがけドリル進行役研修会」を開催させていただき、20名が受講いたしました。 午前中、受講者は以下の3コースに分かれて演習を行い、午後からは演習に参加しなか

少年会福岡教区団「わかぎの集い」報告

◆北部ブロック(10月3日開催)  少年会では、コロナ禍における行事開催を模索する中、少しでも同年代が顔見知りになれるよう、わかぎの集いを計画しました。 北部ブロック少年会では、10月3日(日)、若松区脇田海岸にて開催し

立教184年 全教一斉にをいがけデー 報告

◆福岡西支部  今年の全教一斉にをいがけデーは、各教会を中心に、各自がいまできるにをいがけ、おたすけ、ひのきしんをさせていただくことを申し合わせました。 勇み心を伝えさせていただくべく、神名流しや路傍講演をする者、教区の

第2回 R184 福岡教区 GAKUSHÚ Online The World 報告 8/15

 8月15日(日)、2回目の『福岡教区Gakushú Online The World』をZOOMにて開催致しました。5カ国の海外生と、試験期間や部活の合宿の兼ね合いで1回目に参加できなかった学生さんが、楽しく交流の機会

立教184年 雅楽講習会 開催報告

 福岡教区祭事部(森原一生部長)では、8月8日(日)、教務支庁を会場に雅楽講習会を開催。午前9時30分受付、その後、開講式を行い、3名の方に参加いただいた。 今回も素晴らしい講師陣をお迎えして、雅楽に触れ始めた受講者から

1月31日 基礎講座 福岡会場中止のお知らせ

新型コロナウイルス(オミクロン株)の感染状況に鑑み、令和4年1月31日(月)に予定していた「天理教基礎講座福岡会場」の開催を中止することに決定しました。今回やむなく開催中止に至ったことについて、ご理解くださいますようお願

みおしえ学習会(福岡中央支部) 開催報告

 福岡中央支部では、12月7日(火)、12時30分より14時15分まで(約1時間45分)、「みおしえ学習会」を開催し、16名が受講しました。 御教えに対する興味を深め、ようぼくの成人を促す新たなプログラムとして今年始まっ

支部名簿説明会 報告

 12月5日(日)、教務支庁を会場に13時より本部布教部より講師をお招きし、「支部名簿説明会」を開催、各支部の名簿担当者(代理を含む)23名が参加した。 支部名簿は、各支部における布教、ひのきしん活動の推進、またようぼく

地方委員会 令和4年度予算審議

 12月4日(土)、令和4年度予算についての地方委員会が教務支庁にて開催された。 教区長あいさつの後、古賀和幸議長(三井支部地方委員)、楢橋弘毅副議長(久留米支部地方委員)の進行により審議が進められ、会議では教区が活動予

第10回布教勉強会 開催報告 12/19

 12月19日(日)、「師走の街に神名を」を合い言葉に例年行っている布教勉強会を開催。午前中は路傍講演や布教についてのねりあいを行い、午後から神名流し、路傍講演を2年ぶりに天神駅周辺でつとめさせていただきました。 ねりあ

スポGOMI 柳川市大和干拓海岸大会 参加報告

「ゴミ拾いはスポーツだ」を合言葉に「スポGOMI柳川市大和干拓海岸大会」が11月14日(日)10時より県主催で20チーム100名の参加のもと開催されました。祭典日が大変多く重なる中、福岡教区南部ブロックの教友が、チーム名

学生層育成者講習会

 11月4日(木)、茶谷良佐・本部学生担当委員会委員長をお招きして、学生層育成者講習会を開催させていただきました。 学生担当委員会発足の目的は「学生たちが教祖のようぼくとして立派に成人するよう導き育てること」という立教1

少年会福岡教区団「わかぎの集い」報告

◆筑豊ブロック(11月28日開催) 筑豊ブロック少年会では、11月28日(日)、わかぎの集いを開催しました。わかぎ7名、その他少年会員10名、育成会員6名が参加し、福智山登山をさせていただきました。

第4回 Joy Talk(ジョイ トーク)開催

 11月28日(日)、本部員・天理大学長の永尾教昭先生を講師に迎え、オンラインでJoy Talk(ジョイトーク)を参加者、スタッフ含めて65名で開催しました。 当日は、9時30分より始まり、班に分かれてグループタイム①「

ひのきしんTシャツ活躍中(八女支部)

 八女支部婦人会では「八女市黒木地域交流センターふじの里」を会場にお借りして、月に一度「子ども食堂 いこいカフェ」を開催しています。 地域の子どもや親(保護者)、シニア世代が団らんを通じて心を育む場を目指す多世代交流型の