福岡教区隊 短報〈4〉

「東日本大震災」に関する、本部災救隊、及び福岡教区隊の動きをお知らせします。 4月2日に福岡を出発し、4日~8日までの5日間、岩手県で災害復旧作業にあたっていた10名が、4月10日、無事に福岡へ帰ってきました。 出動隊員

福岡教区の救援活動

福岡教区では、13日夜発足した、「教区災害対策委員会」を軸に、教会本部の「天理教災害救援対策本部」からの指示に基づいて、刻々と変わる被災地の状況を見極めながら、救援活動を始めている。4/11現在、義援金・募金をよびかけ中

福岡教区隊 短報〈3〉

4月1日、「天理教災害救援対策本部」より福岡教区隊に対して、出動要請がありました。﨑田隊長から連絡を受けた「福岡教区災害対策委員会」は緊急協議の結果、出動を承認し、先発隊6名が、2日新門司発のフェリーにて出発いたしました

福岡教区隊 短報〈2〉

「東日本大震災」に関する、本部災救隊、及び福岡教区隊の動きをお知らせしていきます。 現在、被災地に比較的近い教区隊が、災救隊本部の指示のもと、ほぼ5日のスパンで復興支援活動を行っています。各隊の人数は15人~20人、主な

福岡教区隊 短報〈1〉

「東日本大震災」に関する、本部災救隊、及び福岡教区隊の動きをお知らせしていきます。 3月11日 「東日本大震災」発生。情報収集開始。 3月12日 﨑田隊長が災救隊本部へ今後の支援活動について電話。天理教として「東北関東大

災救隊 地島へ出動!

  災害救援ひのきしん隊福岡教区隊 地島出動  災害救援ひのきしん隊福岡教区隊(﨑田正一郎隊長、以下災救隊)は3月5日、宗像市地島(じのしま)に出動。14名の隊員が参加した。  地島は、宗像市沖に浮かぶ周囲約9.3キロで

さつき松原でひのきしん

福岡教区隊がさつき松原・地島で教区訓練 11月30日から12月1日にかけて、災害救援ひのきしん隊福岡教区隊(以下災救隊・﨑田正一郎隊長)は、宗像市さつき松原を会場に教区訓練を実施。2日間を通して、54名の隊員と10名の粕