災救隊出動 報告

災害救援ひのきしん隊福岡教区隊(能美義郎隊長)は、9月17、18日と10月1、2日の2次に分けて、7月6日の豪雨で被災した文字関分教会(北九州市門司区・中津大教会部属)の解体ひのきしんを行いました。 1次隊では、解体の事

災救隊出動 報告(広島県・似島)

甚大な被害をもたらした西日本豪雨災害に際し、本部災害救援ひのきしん隊・第1次隊として8月8日から11日までの4日間、福岡教区隊総勢29名の隊員と作業に当たりました。 現場は広島港からフェリーで約20分の似島(にのしま)。

災救隊出動 報告

災害救援ひのきしん隊福岡教区隊(能美義郎隊長)では、7月上旬の台風や豪雨により被災した教区内の教会2カ所へ出動しました。 14日には、北部ブロックの隊員13名が本小倉分教会(小倉支部)へ出動。豪雨により浸水した家財の搬出

災救隊 福岡県防災訓練に参加!

  6月3日(日)、古賀市玄望園地区において福岡県総合防災訓練が実施され、災救隊福岡教区隊として参加しました。 内容は大規模災害時における食料供給訓練で、生協さんと合同で炊き出しのサポートや食料物資の運搬などを

第15回ひのきしんの集い開催!

第15回「ひのきしんの集い」が11月5日、古賀市の古賀海岸(第1会場)、北九州市の脇田海水浴場(第2会場)の2会場で開催された。 当日は中田善亮表統領が来場し、第2会場の開会式、第1会場の閉会式でそれぞれあいさつされた。

第15回 ひのきしんの集い研修会開催 11/4

11月4日に西海大教会で開かれた「ひのきしんの集い研修会」には教会長夫妻ら293名が参加、中田表統領が講話された。   表統領講話(要約) それぞれの活動を考える時、やはり大事なベースは教会だ。一つ一つの教会が

災救隊 ~平成29年7月九州北部豪雨~ 報告

災害救援ひのきしん隊 福岡教区隊レポート 線状降水帯の影響で7月5日から6日にかけて降った集中豪雨は、福岡県、大分県を中心に九州北部で甚大な被害をもたらした。特に朝倉市では、1時間の最多雨量129,5ミリ。山間部では9時

第14回ひのきしんの集い開催!

3月5日(日)、「第14回ひのきしんの集い」を開催。今回はより地域に根ざした活動を目指し、4ブロック同時開催として行われた。当日4ブロックで1940名のひのきしん者が集い、地域に貢献するひのきしん活動を展開し、大きなにを